クラウド経営財務サービス

クラウド型Web会議システムを活用して、毎月のマネジメント会議を行ないます。
クラウド活用による全国対応の「経営財務アドバイザリーサービス」です。

  • HOME
  • クラウド経営財務サービス

経営者は、時空を超える。

誰もが当たり前にインターネットが使えることになり、それに付随して現代のクラウド技術は急速に進歩してきました。

クラウドを使えば、遠隔地にいたとしても、いつでも、どこでも、打ち合わせをすることができます。
まるで目の前に存在するかのように、相手の顔を鮮明に見ることができます。
声もクリアに聞こえます。資料も見ることができて、自由に書き込むこともできます。

便利なクラウドツール。

しかし、そんな言葉を聞いたとしても、「自分はITが苦手だから・・・」という理由で躊躇してしまうかもしれません。
また、「実際に会って話をしないと意志は伝わらないだろうし・・・」と不安に思ってしまうかもしれません。

スピリタスグループは、大切なのは、「実際に会って打ち合わせをする」ことではなく、
「どれだけ充実した打ち合わせをすることができるか」であると考えています。

クラウドツールを利用した経営会議は、こちらから発行するリンクをワンクリックするだけで、簡単に始めることができます。
もしあなたがスマ-トフォンを持っているならば、もう十分にスタートできる環境は整っています。

さあ、お互いに無駄な時間は削り、未来を切り拓く充実した時間にしましょう。

こんな企業経営者の方には、特にオススメします。

・過去の話ばかりに終始している。
・税理士からのアドバイスがない。
・なかなか来ない、会わない、話が続かない。
・銀行融資に協力してもらえない。
・コミュニケーションが成立しない。
・経営上の課題が特定できない。
・キャッシュフロー資金繰り、資金の増減についての説明がない。
・会社の基本的な情報を把握していない。
(商品の原価率、主要な取引先、資本金、金利など)
・データや資料の作成、報告が遅い。

・将来について一緒に語れない。
・専門用語ばかりで説明がよく分からない。
・会社に対して愛を感じられない。
・課題解決の糸口が見出せない。
・経営に有益な情報が得られていない。
・納税額など事前に連絡がない。
・効率的な業務方法を教えてくれない。
・ITという武器を会計税務に活用しきれていない。
・既に確定している数値を見込計上していない。
・資料が細かすぎて分かりづらい。

クラウド経営財務サービスの内容

現状把握と財務分析

・経営環境分析
・財務指標分析
・銀行格付評価レポート

年度予算計画の策定

年度予算計画の策定
(損益計算書・貸借対照表・キャッシュフロー計算書・アクションプラン・KPI)

未来の予測シミュレーション

投資の意思決定シミュレーション
当期末までの月別推移シミュレーション

毎月の業績状況把握

・業績財務レポートの提供、解説
・予算対実績の差異確認

資金調達・資金繰りのアドバイス

・資金繰り状況の報告
・資金調達、融資計画資料の作成支援
・銀行借入状況からのアドバイス

クラウド経営財務会議

・ネット会議システムを利用した会議
・クラウドを活用した財務データの常時共有
・会議資料のクラウド共有

料金について

月額5万円(税別)

<サービス提供形態>
・1回あたり2時間までのミーティングとします。
・ご来社いただいての対面ミーティングも可能です。

<特徴>
・顧問を務める会計事務所は、「スピリタス会計事務所」でなくても構いません。
・インターネットに接続さえできれば、遠隔地でもサービスを受けることが可能です。海外出張していても問題ありません。
・顔を見ながら、音声コミュニケーション、チャット、画面の閲覧共有をしながら、打ち合わせをすることができます。
・PCはもちろん、スマートフォンでもサービスを受けることができます。
・ミーティングで使用した資料や、会計データは、クラウド上にて常時共有しています。後から振り返ることもできます。

サービスお試しのご案内

「インターネットを使って会議?」「本当に意味のある会議ができるのかな?」~ そうお考えの経営者の方へ。

クラウド経営財務サービスの内容を知るには、体験してみることが一番の近道です。
過去の決算書や会計データを送付いただければ、無料でトライアルすることができます。

サービスのお問い合わせ