スピリタスコンサルティングの連絡先

代表電話番号 : 03-3868-0086 (お耳やろーや、おお、やろう!)
Toggle

代表ブログ

デュー&ドゥー

デュー&ドゥー

当たり前のことだけど、
いつでも、どの会社においても、誰かが、

「やらなければいけない仕事」がある。
「自分がやります!と言った仕事」がある。

でも、結局、やらないままになることも起きる。
また、やったのだけど、期限までにできなかったということも起きる。

なぜだろうか??

ふと、ひとつの要因を考えてみた。

【やることやらないのは、トップがやらないから。】

何だかんだいってたけど、期限までにやらなくてもいいんだ。
だって、あなた(トップ/上司)もやってないんだから。

例え、無意識だとしても、
その心理がどこかにあるからではないか?と思う。

もちろん、自分以外の誰かがやらなくたって、
“自分の意志”でやることが、本当のプロ。

いや、ちょっと言い過ぎた。

マトモなビジネスマンとして、予選通過するための、
数ある中のひとつの要素。

本来は、自発的にやるべきなんだ。
それが、土日だろうが。そんなものは関係ない。
もっとも、誰が勝手に曜日に色付けをしたんだ?
土曜は青、日曜は赤だなんて。

我々の会社は、お客様の事業資金に関与する、
責任ある仕事を扱っている。(と、勝手にそう思いこんでいる)

原因と結果、行動と数値、これら両方について、
お客様との会話や各種データに基づき、検証することを続けている。

業績の上がる会社は、
やるべきことをやってきた会社である。

業績の上がらない会社は、
やるべきことをやっていない会社である。

私の個人的な経験則ではあるけれど、
これは90%通用する法則ではないかと思っている。

だから、決めた仕事の期限は守る。
会議当日まで、準備し忘れて臨んだことはない。
当日までにまとめるべき資料を、
「結局、作成できませんでした」・「時間がありませんでした」と言って
スルーしたことはない。
土日だろうが、朝日が昇りそうな時間になろうが関係ない。

これが、私の中でのワーク・ライフバランス。
まあ、この論理矛盾していて、大嫌いなこの言葉を、
一度も公で使ったことはないけれど。(笑)

とにかく、他人がやらない姿を見たら、
自分自身を戒めるキッカケにする。

「そういう自分は、できているのだろうか?」と。

まだ、胸を張って言えることはない。反省。

先週あった、お客様との打ち合わせでのこと。

「私はこれまでに、やると言ったことは、必ず実現してきました。」

1mと離れていない目の前で、ハッキリと言い切られた場面に遭遇しました。

この時、これは、超名言だなあ、と思いました。
確かに、この経営者と私が会ってから今までのことを振り返ると、
全てやってきている。
これは、スゴイことだと思う。

それでも、まだまだ未来において実現したい構想を持たれている。
それにトコトンこだわり、足りない点を自覚して、
たくさんのやるべきことを、キリもなく目の前で語り続ける。
彼から自信はにじみ出ていても、今までやってきたことを鼻にかけて自慢することはない。
目線は常に、現実とその先の未来に向いているのだ。

まだまだ、オレってちっっっちぇえなあ、と感じた。

「Due(期限)とDo(実行)」は、もっともっと無意識のゾーンに封じ込めなければならない。
少なくとも、自分自身と自分達のチームだけは、徹底していきたい。

また、ズルズルいかない組織になるために、
来月から、自分達に与える猛烈プレッシャー企画がまたひとつ立ち上がります。

ああ、、また、キツくなるなあ。(笑)

P.S.「悩みなんてないでしょ?」なんて、言われることもたまにありますが、
最近、モヤモヤしてたこと、忙殺されていたこと、答えが見つかりそうもない案件があった。
こうして自戒の念的なブログを書いてみると、なかなかスッキリします。

Return Top